東京でキャバクラ嬢初めて長年がたった今はないですけど、前に新宿歌舞伎町キャバクラで働いているころ、(結婚式に)呼ばれたことがあったんですよ、新宿歌舞伎町のショーキャバクラでパフォーマンスたくさんやってた頃とか。今は呼ばれないですけど。そういうのがあるんです、よく。それがなぜなのかというのがあって、大事なのは、90秒~4分の間に記憶に残ることが大事なんです。
いい面でも悪い面でも、悪い意味でも。ちゃんと相手の印象に残って、それから次に会うチャンスにつなげられるか、というところが大事なんですね。4分以内に、「次、このキャバクラ嬢に会いたい」と思わせるような、あるいは、「気になる」「記憶に残る」って思わせるような感覚を相手に抱かせられるかどうかが、非常に重要になってくるんですね。ギャップ萌えを狙え、てね。
(コメントにて「悪い意味でも」)そう、悪い意味で記憶に残ってもいいんですよ。記憶に残っていれば、次に池袋のキャバクラや新宿歌舞伎町のキャバクラや六本木のキャバクラで会ったときに覆すことができるので。覆ったら、ストックホルム症候群みたいな感じで、「最初はすごく悪い人だと思ったのに、会ってみたらすごくやさしかったし、いい」みたいな覆り方があるわけですね。