都内のキャバクラはレベルが高い。非常に。だから、東京のキャバ嬢は上手に東京のキャバクラに来る男性にお酒を飲ませるようにするといいと思います(笑)。池袋や上野のキャバクラでもこれは一緒。あんまり無理矢理飲ませる人は嫌われますけど、上手に飲ませてあげると自分の魅力を高めることができます。
(コメントにて)「DaiGoに飲ませよう」、僕ね、ぜんぜん酔わないので、あんまり効果ないですよ。僕、ほんとにお酒は強いので。あと、水飲みながら、飲みますからね。
さらに僕の場合は、好みの東京の池袋や上野や渋谷のキャバクラ嬢のタイプが、言語化されているので。きれいに決まっているので、そういう場合は、ちょっと例外かもしれないですね。
(コメントにて)「私のお酒が飲めないの?」っていうキャバ嬢は嫌だな、最悪だな(笑)。「じゃあ、おまえ東京のキャバクラから帰れ、池袋や新宿や六本木は早い」って言いますね、僕の場合(笑)。「飲めねーよ」っていうか、「飲まねーよ」みたいな。
(コメントにて「言語化して」)言語化? だから、WHR(ウエスト÷ヒップ)0.7で、バストヒップ比率が1.1ですよ。これは最低条件。
では、ここまで、結局のところ、見た目については心理学で覆せるのかというお話をしていきました。というわけで続いては、「東京キャバクラに来るモテ客&モテキャバ嬢の性格を分析しましょう」。お待たせしました。外見よりも性格のほうが重要なのか。基本的には見た目が重要になってきますよ。ただ、東京の六本木や新宿歌舞伎町のキャバクラでモテる人たちに共通する性格というのがあるんですね。性格と、さらに条件というのがあります。特徴があるんですね。これをこれから解説していきたいと思います。