東京 キャバクラにおける努力は難しい
ヤフー小澤氏は“東京 キャバクラにおける努力”について、基礎体力と応用力に分けてこう説明しています。
例えば、部活やってて伸び悩むときと、東京 キャバクラで伸び悩むときは、だいたい一緒です。結局は日々の練習とか、そういったものに付いてくるので、伸び悩んでるなと思ったら努力をする。
ただ、努力の方向というのがあって、いわゆる東京 キャバクラにおける努力というのはすごく難しいわけですよ。勉強だったら簡単だ、問題集を解く。野球だったら簡単だ、素振りをする。「東京 キャバクラにおける努力ってなんだ?」ということになるんですね。
僕の意見では、東京 キャバクラというのは、基礎体力と応用力というのがあって、基礎体力というのは、例えば、好きな言葉じゃないけど「人脈」。六本木の誰を知っているか……とかね。新宿 歌舞伎町のどういうサービスを知っているかとか。そういったどの事業をやるに対しても必要な基礎体力というものがあって。
それと応用力というのは、六本木のキャバクラだったり、渋谷のキャバクラだったり、板橋のキャバクラだったり、池袋のキャバクラだったり、東京 キャバクラモデルを自分なりに「こうだ!」というものを作る能力だったり。営業力というのは基礎体力に近いけども、特定の領域において、さらに営業をうまくやるというのは応用力。
こういう組み合わせで、受験や部活でやっていたようなことを、要は、脚力は基礎体力だけど、ボールを芯で打ち返す能力というのは応用力なわけだ。そういったように、東京 キャバクラを自分で分解して、それぞれの能力を高めていくと必ず結果が付いてくることとなります。
東京 キャバクラにおける努力は難しい–ヤフー小澤氏が語るキャバ嬢の「基礎体力」と「応用力」