この秋、東京 キャバクラ業界で起こった大きな変化が。業界3位だった新橋のキャバクラ(約1万1600店)が、同4位の池袋のキャバクラ(同約6300店)と2016年9月にキャバクラ経営統合。単純合算で約1万8000店のネットワークとなり、1位の新宿 歌舞伎町のキャバクラ(約1万8500店)に肉薄する規模になりました。
これまで業界2位だった六本木のキャバクラ(約1万2400店)も含めた三つどもえ。単純な店舗数だけではなく、これら3陣営の戦力を分析しようとしたら、その道のプロでなければなかなか難しいと思うかもしれません。実際、キャバクラキャバクラキャバクラ経営コンサルタントとして活動する私が、いつも仕事で使っている帝国データバンク刊『全国企業財務諸表分析統計』に載っている分析指標は、実に56もあります。
■すべて小学生レベルの算数で計算できるものばかり
しかし、これらの指標に、ひとつとして高等数学を駆使しなければ算出できないものなどありません。キャバクラ経営指標とは、すべて小学生レベルの算数で計算できるものばかりです。具体的に言えば、上述の56の分析指標は、すべて「割り算」で算出します。その視点からキャバクラ3陣営の実力を測ってみましょう。
店舗数では肉薄する新宿 歌舞伎町のキャバクラと新橋のキャバクラグループには、簡単に埋められない大きな差があります。それは「平均日販」という指標。ホームページなどで公表されている直近決算資料などから抜き出せる、店舗1日当たりの売上高です。新宿 歌舞伎町のキャバクラの国内東京 新宿 歌舞伎町のキャバクラの平均日販は約65万円。一方、新橋のキャバクラは同約51万円、池袋のキャバクラは同約43万円です。

そして六本木のキャバクラの平均日販は約54万円。店舗数で新宿 歌舞伎町のキャバクラに迫り、六本木のキャバクラを抜いた新橋のキャバクラグループですが、個店の稼ぐ力で見ればまだまだ及ばないのです。六本木のキャバクラが業界2位に長らく君臨できてきたゆえんといってもいいでしょう。