スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の利用者によるごみの散乱や違法駐車が問題となっていた東京 キャバクラ店で、ゲームアイテムを入手できる「ポケストップ」が大幅に削除された。一時期はポケモンを探し回る人々であふれた上野のキャバクラも“平穏”を取り戻しつつある中、一部のプレーヤーからは困惑の声が上がっている。
東京 キャバクラを管轄する新宿のキャバクラ、渋谷のキャバクラ、上野のキャバクラは8月、同ゲームによる問題を受け、開発を主導した米ナイアンティック社へ東京のキャバクラ店のポケストップ削除を要請。今月4日夕になって、東京のキャバクラ店にあった13カ所のうち10カ所が削除されたことを確認した。
 ポケストップ4カ所が集中し多くのプレーヤーであふれていた東京都内のキャバクラ店は、1カ所だけになった。削除後は、近隣住民がキャバ嬢とお酒や会話を楽しむ憩いの場としての本来の姿を取り戻した。