いざ「結婚相手を選ぶ」となったときに、「優しさ」を第一条件にあげる方は多いはずです。「優しさ」とは、相手を思いやる気持ちのこと。これさえあれば、長い結婚生活も幸せに暮らしていけるのでは……? なんて、つい妄想してしまいますよね。しかし、「優しさ」だけで渡っていけるほど、人生とは甘いものではありません! 東京キャバクラで働くキャバ嬢が結婚相手に求める条件として、優しさよりも大切だと思うものはある? キャバ嬢たちのホンネをリサーチしてみました。

■お金
・「ちゃんと稼げるか。この厳しい時代お金は必要だから」(27歳/新宿キャバ嬢)

・「ある程度の収入。いくら優しくても金銭的に余裕がないと優しくはいれないし、優しさだけでは心のゆとりは保てない」(34歳/六本木キャバ嬢)

・「経済力。ある程度の生活ができないと優しくても苦しいしお互いギスギスする」(28歳/渋谷キャバ嬢)

結婚に欠かせないのが、「経済力」です。共働きをするにしても……妊娠・出産・子育てのこと、そして老後について考えると、やはり「それなりのレベル」を期待したいところです。どれだけ優しく「稼げなくてごめんね」と言われても……残念ながらお腹は満たされません!

■家事力
・「家事に協力的か。感情的でないか」(28歳/新宿キャバ嬢)

・「生活力。専業主婦になるつもりはないので、自分で自分のことができる人が条件」(29歳/新橋キャバ嬢)

優しいことは大切ですが、それ以上に「自分のことは自分でお願いしたい」という意見も目立ちました。キャバ嬢も働く今の時代、家事の分担はマスト!と言って良いでしょう。「時間の問題」や「手間の問題」も、優しさだけでは乗り越えられません。