東京都の六本木で“とある悲劇”が起きているという。街の若者からは「悲しい」「移り変わりなのかな。さみしいですね」との声が聞かれた。
「六本木キャバクラ オリンピア」が12月18日に閉店するという。このお店は在籍するキャバクラ嬢の綺麗さと値段の安さが売りだ。ファンからは「六本木と言えばオリンピア」と言われるほど、六本木を代表するキャバクラの一つだった」との声が聞かれたが、今では賑わっている様子はなく、同伴する客がちらほらいる程度だ。

ファンからは「六本木には昔、色々なキャバクラがあったが、ここ最近3か所くらいに減ってしまった。ついにここも閉店してしまうということで悲しい」「夜暇なときはずっとこの辺りのキャバクラをまわって遊んでいたので、通っていたキャバクラがなくなるのは悲しい」といった声が聞かれた。