(4)ネックレス
・「趣味じゃないネックレス。あまりにキュートすぎて趣味じゃなかった」(32歳/六本木キャバクラ嬢)

・「7,000円のネックレス。『安くない?』って思った」(24歳/新宿キャバクラ嬢)

定番のネックレスも、意外にNGなのだとか。おもちゃのようなアクセサリーをもらっても、逆に困ることもありますよね……。趣味がそれぞれ異なるアイテムなだけに、ネックレスは彼と一緒に選びにいけるといいですね。

(5)ブランド物
・「あまり好きでないブランドのアイテムなど」(28歳/六本木キャバクラ嬢)

・「使わないブランドのコスメセット」(25歳/歌舞伎町キャバクラ嬢)

それほど好きでもないブランド物をもらうと、困ってしまうこともありますよね。自分の好みを知った上で、ブランドはチョイスしてほしいものです。また、高価なプレゼントだけに普段は使わないブランドだと、気を遣ってしまいそうです……。

(6)花束
・「花束。帰宅後に活けなければならないし、面倒だから」(33歳/池袋キャバクラ嬢)

・「花束。後に残らないものだし、私の嫌いな花が入っていたから」(27歳/池袋キャバクラ嬢)

花束をもらうとうれしくも思うものですが、数日飾ったあとは処理に困ってしまいます。また、サプイライズが苦手な東京キャバクラ嬢にとっては、少々重たく感じてしまうプレゼントかもしれません。

<まとめ>

自分の好みでないものや、形に残らないものをプレゼントされると、ガッカリする東京キャバクラ嬢は多いよう。年に一度のクリスマスプレゼントだと思うからこそ、どんなプレゼントを用意してくれるか楽しみにしているもの。太客が自分のことを本当に理解してくれているかどうか、プレゼントからわかってしまいそうですね……!