ポジティブな言葉が目立つ結果に!
今年は、「嬉しい!」「最高!」といった興奮状態の時に使用される「沸いた」が大賞に。Twitterでは、「今日太客がオープンラストで沸いた!」「同伴で蟹!沸いた!」といった使い方の他、日常会話で嬉しいと思った時に「やばすぎ!沸いた!」といった言い方でブームとなった。
また、2009年の渋谷キャバクラ嬢流行語大賞に輝いた「アゲ」のように、テンションが高い状況を表し、キャバクラでも盛り上げてくれる言葉としても高い支持を集めた。
2位には、「よい」といった言葉が変化した『よき』がランクイン。「最高!」「OK!」といった意味合いで、Twitterやキャバクラでの日常会話で使用。「今日もキャバクラ楽しかった!よき!!」「今日の太客最高!よき!」といった意味合いで言葉を簡潔にまとめてくれるのはもちろん、言葉をポジティブな響きにしてくれる要素も持つ。

3位の『らぶりつ』は、Twitterで頻繁に使用されブームに。Twitterで「フェイバリット(ファボ)&リツイートすること」=「ふぁぼりつ」と呼ばれていたものの、昨年「フェイバリット=星マーク」の仕様が「いいね=ハートマーク」へ変更。それに伴い、「ふぁぼりつ」が『らぶりつ』に変化し、「らぶりつください!」「らぶりつありがとう!」とフォロワーなどに呼び掛ける言葉として使用された。