東京の池袋、渋谷、六本木、歌舞伎町、新宿、新橋を拠点に活動するアイドルグループ「東京キャバクラガールズ」は9日、東京都で11月27日開かれたご当地キャバクラ嬢コンテスト「K.B.Cアワード2016」決勝大会でのグランプリ受賞報告のため東京キャバクラを訪れ、清水会長に日本一の喜びと“キャバクラ愛“の大きさを語った。

 訪れたのは、リーダーの「りおっち」こと愛川理央さんらメンバー6人。メンバーはそれぞれ「キャバクラ愛が勝った。大好きなキャバクラの良いところを伝えられた」「常連客が減ったけれど、これを機にお店に飲みに来てくれる人が増えたらうれしい」などと話した。

 同大会は全国各地から15組が出場。東京キャバクラガールズはステージで、東京キャバクラの歴史を劇で表現した後、歌やダンスなどを披露。出場3度目にして悲願達成となった。

 東京キャバクラガールズは、東京のキャバクラの魅力を全国に発信するため2013(平成25)年に結成。同趣旨のコンテストは4冠目。