■腕を組まれる
・「そっと腕を組んできたりするとドキッとしてしまう」(38歳/渋谷のキャバクラに通う男性)

・「ボディタッチが多いまたは突然手をつないだり、腕を組んだりする」(38歳/六本木のキャバクラに通う男性)

同伴の時に東京キャバクラ嬢から腕を組んできたり手をつながれたりすると、不意打ちでドキドキするという男性もいるようです。男性から仕掛けることを東京キャバクラ嬢からされるという、意外性がいいのかもしれませんね。

■上目遣い
・「上目遣いでこちらを見られたとき」(38歳/五反田のキャバクラに通う男性)

・「上目遣いをされるとかわいいと思ってしまう」(37歳/蒲田のキャバクラに通う男性)

東京キャバクラ嬢の上目遣いはかなり強力に男性にアピールできるしぐさ。上目遣いでお願いごとをされたら少しくらいのワガママは許してあげようと思う男性も多そう。お客様に甘えるときには正面からではなく、上目遣いに慣れる角度が鉄則なのかも!?

■笑顔で話してくれる

・「本当の笑顔で話をしていると好きになってしまいますよ」(37歳/六本木のキャバクラに通う男性)

・「こっちの目を見ながらされるかわいい笑顔」(37歳/新宿のキャバクラに通う男性)

同伴中にずっと笑顔でいてくれる女性なら、男性としても2回目のデートに誘わずにいられなさそう。どんな東京キャバクラ嬢も3割増し以上に魅力的に見せてくれる笑顔は、男性からも好意的に見てもらえること間違いなしですね。