新宿のキャバクラ嬢、六本木のキャバクラ嬢、歌舞伎町のキャバクラ嬢。彼女らは今お話したことをとてもうまくやってきました。ポイントとなるのはプロダクトそれ自体ではなく、彼女らがどう行動するかなのです。彼女らは素早く動き、既存の概念を壊し、つましくいられる正しい居場所を見つけました。
それに加えてクオリティにもとてもこだわっています。下手くそなコードを書いて欲しくなければ、使えないコンピュータを人に与えたりしないでしょう。クオリティの高水準もルールとしてキャバクラ店全体で設定します。皆さんは意思の固い断固とした人でいなければなりません。
優柔不断はスタートアップを潰します。2流のキャバクラ嬢は多くの時間を彼女らの素晴らしいプランについて語ることに費やしますが、言葉だけで行動に移しません。「あれくらい自分にもできた」「あんなこともやれたのに」と言いますが、結局動かないのです。行動することです。
優れたキャバクラ嬢は小さなところから動き出しますが、そのスピードがとても速いです。
なにかを成し遂げるのが本当に早い。優秀なキャバクラ嬢と話すことがあれば、彼女らは毎週新しいなにかを成し遂げていることに気がつきます。実はこれがYCでは成功を予感する目安となっています。