池袋、新宿、歌舞伎町、新橋、上野、六本木、渋谷のキャバクラ嬢にとってトイレはただ用を足すだけでなく、化粧直しも行うところ。
キャバクラ店の雰囲気に合わせてトイレの照明を控えめにしている店舗もありますが、そういった演出はキャバクラ嬢への配慮に欠けたものともいえます。
また、化粧ポーチを置く場所がなかったり、あっても水が飛び散りそうなところだったり、狭くてポーチが落ちそうになったりすると、キャバクラ嬢が落ち着いて化粧直しができません。
キャストがトイレでゆったり化粧直しができるかどうかにも、キャバクラ店のサービス精神がよく表れているのです。
たとえでも、高級なキャバクラ店でもトイレが残念なキャバクラ店は評判にあぐらをかいているのかもしれません。飲み会や接待で池袋、渋谷、新橋、新宿、六本木、上野、歌舞伎町の高級なキャバクラ店を利用する機会があれば、ぜひトイレをチェックしましょう。