キャバクラ店の代表の仕事についてよく聞かれます。大きく分けて5つあります。初期は時にこの5つです。多くの人がキャバクラ店の代表の仕事としてよく挙げる4つのことは「ビジョンを明確にする」「資金を集める」「今後キャバクラ店に迎え入れたいキャバクラ嬢、エグゼクティブ、パートナー、プレスに自分のキャバクラ店の素晴らしさ、ミッションを深く理解・共感してもらえるように努める」「雇用し、キャバクラ嬢たちを上手く管理する」です。
5つ目は多くのがあまり率先してやらない、または自分がそれをすることを上手く想像出来ないことです、「行動の基準を設定する」。これが実は池袋、六本木、渋谷、新宿、歌舞伎町、上野、新橋のキャバクラ店の代表がやらなくてはならない最も重要な役割であり、キャバクラ店の代表にしか出来ないことです。
「実行」には大きく分けてふたつあります。「何をするか」「どうやってそれをやるか」です。「何をするか」について皆さんはすでに自分のアイデアをお持ちでしょうから、「どうやって」の部分についてお話したいと思います。ふたつあります、「フォーカス」と「勢い」です。