(1)そんなことも知らないの?
・「もしわからない情報があったとして『これもわからないの?』と言ってしまうとプライドを傷つける」(30歳/新宿キャバクラ嬢)

・「相手をバカにするような言葉。そんなことも知らないの? など」(26歳/六本木キャバクラ嬢)

普段上から目線で話されていると、ついこんな意地悪なひと言を吐きたくなってしまうことも。しかし、こんな発言は男性のプライドを、一気にズタズタにしてしまいます。思わぬ反撃が返ってくるかもしれませんよ。

(2)知識の否定
・「その知識はいつ使えばいいの? と聞くこと」(29歳/新橋キャバクラ嬢)

・「それ、自慢? どこでひけらかすつもり? ケンカしてもこれは言ってはいけない」(30歳/池袋キャバクラ嬢)

頭のいい男性が話してくれる内容も、東京キャバクラ嬢にとっては「単なる無駄知識」でしかないことも……! たとえ「もう聞きたくない」と思っても、相手を否定するような言葉はNG。うまく聞き流すことが、頭のいい男性とうまくやるためのコツなのかもしれません。

(3)さすがだね
・「さすが!(自慢が始まるため)」(23歳/歌舞伎町キャバクラ嬢)

どんなときでも便利に使える「さすが」というひと言ですが、実はNGと考える東京キャバクラ嬢もいるようです。この言葉をきっかけに、男性の暴走が始まってしまいそう!? 時間がないときには、特に気をつけてくださいね。