「裏表のある東京キャバクラ嬢」は、同性の目線から見ると意外とそれがわかるものですよね。同じ東京キャバクラ嬢だからこそ、感じ取れる何かがあるのかもしれません。今回は、東京キャバクラ嬢から見た「裏表のある東京キャバクラ嬢」の特徴を教えてもらいました。

■立ち回りがうまい
・「立ち回りがうまい。人によってコロコロ態度を変える」(30歳/池袋キャバクラ嬢)

・「本音と建て前を上手に使いわけて立ち振る舞う子」(26歳/六本木キャバクラ嬢)

時と場合や、話す相手を見極めてうまく立ち回る東京キャバクラ嬢は、裏の顔があるんだろうなと思われがちのよう。ある意味コミュニケーション能力が高いとも言えますが、腹黒い本性を隠しているのだとしたら、少し怖いですね。

■いつも笑顔
・「いつも笑顔でいる東京キャバクラ嬢。裏がある人は、表面をとてもよく見せるのがうまいから」(29歳/歌舞伎町キャバクラ嬢)

・「いつもニコニコしていて人当たりがいい」(28歳/新橋キャバクラ嬢)

いつもニコニコと笑顔を絶やさない東京キャバクラ嬢も、何か裏があるように見えるようです。一見魅力的ですが、怒るべきシーンでも笑っていると、その笑顔は本心なのかと疑ってしまいそうですね。