1.「ボディタッチをしてくる」
・「働いているキャバクラ店で知り合って、笑顔も素敵で優しくてだんだん好きなった。
しばらくして帰り道いい雰囲気になっとき、ぎゅって抱きしめてくれたけど、友達に相談したら彼女持ちだった!」 (20才 / 歌舞伎町キャバクラ嬢)

……“思わせぶり指名客や常連客”にとってハグ、手つなぎ、頭ぽんぽん、そして人によってはキスさえも彼女以外の東京キャバクラ嬢にできるもの。
好きな人以外には触れられたくない東京キャバクラ嬢にはちょっと理解できない感覚ですが、「男と女の感覚は違うんだ……」と“ボディタッチ”は受け流すほうが吉です。

2.「二人きりで出掛けたがる」
・「二人きりで映画、ごはんにいき、流れでプリクラに誘われました。
わたしに気があると思いこちらもどんどん好きになったのですが、彼は女の子と2人で出かけることが当たり前だったようです。 完全に振り回されていました」(19才 / 歌舞伎町キャバクラ嬢)

……「二人きりで出掛けるってデートじゃないの?」と思ってしまう東京キャバクラ嬢も多いと思いますが、好き嫌いとかでなくひとりで過ごすのが寂しいだとか、ヒマだからとかいう理由で恋人以外の東京キャバクラ嬢を平気で誘える男性もいるものです。