◆ モテる・モテた自慢
「『昔はモテたんだ~』とか自慢されても『へぇ~』としか思わない。『今は?』って思ってしまう。余計なアピールだと思います」(28歳/八王子のキャバクラ店に通う男性)

「『誘ってくる男子が他にもいるんだよ』っていうことを、会話の中で暗に匂わせてくる子は面倒くさい。モテる子はそんなこと言わなくてもわかるし、他にライバルがいてもいなくても必死に追いかけます」(30歳/池袋のキャバクラ店に通う男性)

「『昔はもっと痩せてて、すごいモテたんだよ』と自分で言っている人は正直、意味がわからない。今、もっとがんばれとしか言いようがない。他人が言うならまだわかる」(24歳/新宿のキャバクラ店に通う男性)

とても嘘っぽくなりますから、自分でモテるアピールをするのはやめましょう。アピールしなくても、あなたに魅力があるなら男子も気づいているはずです。また過去の栄光を語るのもやめましょう。語られた男子も素直に褒めづらいですから返事に困ってしまいます。
◆ 仕事できる自慢
「仕事ができる、高いお給料をもらっているというアピールは男子にとってそんなに魅力的ではない。というか本当に仕事ができる人は自分でそんなこと言わない。一緒に働きたくないタイプの女子だなと思います」(26歳/歌舞伎町のキャバクラ店に通う男性)

「給料がいいからなのか、すごい高い服や鞄を持って高いお店ばかり連れていかせようとする女子は気が引けてしまいます。プライド高そうだし怖い」(25歳/六本木のキャバクラ店に通う男性)

バリバリ働いて、たくさん稼ぐ東京キャバクラ嬢はとても魅力的です。でも、それをこれみよがしに男子にアピールすれば相手も気が引けてしまいます。気が強そう・金遣いが荒そうなどマイナスな印象を与えてしまいます。特にお給料にまつわる自慢を生々しくするのは控えましょう。