1.急に「真剣な話」
「友達関係のキャバクラ嬢から急に真面目な恋バナとかされると、なんか突然その子を異性として意識し始めちゃうみたいなことって、あるよね……」(池袋のキャバクラ店に通う男性/25才)

これもナイス奇襲です。「結婚願望とか、あるの?」みたいな、別にその東京のキャバクラ店に通う男性達のことを気になってるってわけじゃなさそうなんだけど、「急になんでそんなこと聞いてくるの?」みたいに東京のキャバクラ店に通う男性達が思っちゃう話題がいいですね。

2.急に「差し入れ」
「キャバクラ店で飲んでいたら、急にキャバクラ嬢に『ハイこれお菓子』って渡されて、嬉しかったね。あれはかなりグッときた」(新橋のキャバクラ店に通う男性/21才)

急な差し入れ、プレゼント、どれもいいです。やっぱり、東京のキャバクラ店に通う男性達はキャバクラ嬢から突然なにかもらうと、「俺って特別なの?」と思ってしまいますからね。こう思わせるのは、かなり大事なことです。
3.急に「親しげになる」
「突然下の名前で呼ばれたり、突然くだけた感じの話し方されたりとかは、一気にパーソナルスペースに飛び込まれた感じでドキドキする」(六本木のキャバクラ店に通う男性/26才)

こういうのは「徐々に」って思ってる子が多いと思うけど、徐々に親しみある感じのしゃべり方にしていくよりも、あるタイミングで一気にいったほうがインパクトも大きくてオススメです。
おわりに
どうでしたか? 恋愛感情って、一目惚れでもしてない限りは、なかなか「自然な流れ
」の中じゃ生まれにくいです。こういう奇襲テクで、いい意味で「不自然」な感じを出して東京のキャバクラ店に通う男性達にあなたを意識させましょう。

そうすると、カレの中で化学反応が起きてあなたに対する恋愛感情が芽生えやすくなりますから、覚えておきましょうね。