1.他の曜日・時間にシフトを変更する
多くの東京キャバクラ嬢は、東京のキャバクラ店の人とは仕事場でだけの付き合いなわけですから、仕事中は聞こえていないふりをして、業務に集中してしまいましょう。また、悪口を言ってこない人とだけ付き合うようにするのも、一つの解決策です。
そのための具体的な対処法としては、シフトの変更を店長などに申し出て、状況も併せて報告し、シフト変更の相談をすることです。職場の人間関係が悪い状態だと、うまくお店が回らず、店長にとっても困ることになるので、一緒に解決策を考えてくれたり、悪口を言ってくる人とシフトが一緒にならないように調整してくれるでしょう。
悪口の内容が就業態度に起因するものであれば、まずはそこを改めましょう。何を直せばいいかわからない時には、思い切って他の東京キャバクラ嬢に聞いてしまってもいいと思います。
ただ、身に覚えがない場合や、具体的にどうすれば良いのかよくわからない場合、経営者や店長に間に入ってもらって、話し合いや解決に向けて協力してもらいましょう。

2.相談を持ちかける言い方例
「最近、ここでキャバクラ嬢の仕事をしていて、他のキャバクラ嬢の方から××(悪口の内容)ということなどを言われ、(自分では身に覚えがないので)困っています。自分に至らない部分はたくさんあると思いますが、目につく部分だけでも、具体的に指摘して頂きたいと思っています。ただ、このままでは具体的にどうすれば良いのかわからず、東京キャバクラ嬢のバイトを続けていくことにストレスを感じてしまっています。頑張っていきたいと思いますので、間に入ってもらえませんでしょうか?」
大切なのは、自分の向上心を、他の東京キャバクラ嬢に伝えるということです。仕事に誠実に向き合う姿勢があると判ってもらえれば、キャバクラ店の戦力にもなりますので、協力してもらいやすいでしょう。

3.店長より上の立場の人に相談する
職場によっては、長年キャバクラで勤務している方や、黒服の権力が強く、店長の肩身が狭いようなところもあります。そういった東京のキャバクラ店で、暗黙のルールに触れてしまって怒りを買ったり、機嫌を損ねたりして悪口を言わるようになるということもあります。
こういった場合は、早めに店長さんや、責任者の方に相談するのが第一ですが、それでもうまく解決できない可能性もあります。
特に、いわゆる「お局さん」的な存在の方に睨まれてしまった場合は、自分の現状を、解決できる力を持った立場の人に伝えることが大切です。
もし店長だけでは解決できないような場合は、本社のキャバクラ嬢相談窓口に連絡するか、さらに上の立場にある、池袋、六本木、新宿、新橋、渋谷、歌舞伎町、上野のエリアマネージャーといった方へ助けを求めましょう。ただ、店長にも責任、メンツがありますので、立場を無視した飛び越し相談をする前に、必ず前もって伝えることが重要です。そうなると、店長もよりいっそう本気になって解決に向けて動いてくれる可能性も高まります。
こうした行動をとっても事態が改善しない場合は、退職を考えてもいいかもしれません。現場の問題に真剣に向き合ってくれないような職場は、将来的により大きなトラブルを抱える可能性があるからです。嫌な思いを重ねる前に見切りをつけて、東京で他のキャバクラ店を探し始めましょう。
どんな職場にも、人間関係のトラブルはつきものです。スルーする・立ち向かう・その場を離れるなど、状況に応じて柔軟に対応していきましょう。