新宿、歌舞伎町、六本木、池袋、上野、新橋、渋谷のキャバクラ店で出会う女性のなかには、同年代だけでなく、「年上の先輩」も沢山いるものです。そんな東京キャバクラ嬢の先輩に気に入ってもらえる女性は、日頃どんな行動をとっているのでしょうか? そこで今回は調査結果を参考に、「女性の先輩に可愛がられるちょっとした行動パターン」をご紹介します。
【1】自分から笑顔で挨拶をする。
「近寄ってきて爽やかに挨拶してくれると、『慕ってくれる後輩』っぽくて嬉しい」(10代渋谷キャバクラ嬢)など、先輩キャバクラ嬢への元気のよい挨拶は、男女を問わず喜ばれる基本です。自分から積極的に声を掛けることで、先輩キャバクラ嬢側も話しやすくなるようです。

【2】重い荷物を代わりに持つなどの気遣いができる。
「レディーファーストを実践されると、年下でも『大人の女性』と意識してしまう」(20代新宿キャバクラ嬢)など、先輩といえども女性として接する気遣いを見せることで、好印象を持ってもらえるようです。目上の女性への礼儀としても適切な行動と言えそうです。

【3】「お願いします」「教えてください」など、謙虚な態度で接する。
「『色々なことを吸収しよう』という姿勢の後輩には、一生懸命教えたくなる」(20代六本木キャバクラ嬢)など、積極的にアドバイスを受けようとする謙虚な態度が、女性の先輩に好印象を与えるようです。将来性を感じさせることも、可愛がられる後輩のポイントでしょう。

【4】「自分がやっておきます!」と率先して作業を引き受ける。
「『後輩が頼もしくなってきたなあ』という成長の喜びを感じられる」(30代池袋キャバクラ嬢)など、指導する立場である先輩キャバクラ嬢にとって、後輩の成長は大きな喜びになるようです。「育てる喜び」を感じるタイプの女性には、特に好印象でしょう。