「相手は高嶺の花だから」と東京キャバクラ嬢との恋を諦めるのは簡単ですが、あえて果敢に挑めば男をあげることにも繋がるのではないでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身の東京キャバクラ嬢286名に聞いたアンケートを参考に「一目ぼれしてした『東京キャバクラ嬢』とお近づきになるための作戦」をご紹介します。
【1】いつもパリッとした身なりで登場し、清潔感を印象付ける

「カッコいい男性はごく少数。小ぎれいなだけで目立ちます」(20代六本木キャバクラ嬢)というように、センスある着こなしと、清潔な身だしなみで訪問すれば、第一印象がよくなるようです。シワのないシャツを着る、直前に鼻毛チェックするなど、準備がカギを握るでしょう。
【2】「今朝は涼しくなりましたねー」など必ず世間話をする

「顔を覚えるし、少しは意識もする」(30代新宿キャバクラ嬢)というように、とりとめのない会話でも、東京キャバクラ嬢と言葉を交わす価値はあるようです。キャバクラ店来店前に鉄板の天気ネタや、季節・時事ネタなど、相手が返答しやすい話題を仕込んでおくといいでしょう。
【3】「いつも素敵な笑顔ですね」などとサラッと褒める

「軽いけど、悪い気はしない(笑)」(20代歌舞伎町キャバクラ嬢)というように、ひとまず東京キャバクラ嬢の魅力的なところを持ち上げる手もあります。ただし、何度か訪問し、まともな人間であることを知ってもらってからでないと「ただのチャラ男」と思われるかもしれません。
【4】必要なくても「○○と申します」と名乗りながら名刺を渡してしまう

「外資や一流企業なら『おおっ!』ってなるかも。次に会ったときも意識はする」(30代池袋キャバクラ嬢)というように、名刺を渡されると印象に残りやすいという意見もあります。名刺を突き返されることはまずないので、ビビッと来たらためらわず差し出したいところです。