160万回再生された動画で伝えたかったこと
こんなことをしてますと、メディアの方も池袋、六本木、新橋、渋谷、新宿、歌舞伎町、上野になにかおもしろいキャバクラ店があるぞということでずいぶん取り上げていただきました。
最近は全国各地からも取材が来るようになりました。これは今年の公共放送ですね。東京のテレビ局から取材を受けたり、東京の新聞社から取材を受けたり、こんなことも起きています。
それから先月は東京キャバクラ会議、40歳以下のキャバクラ経営者を集める会がなんとこの東京キャバクラ「ガーデン」の新宿オフィスで開かれました。働き方についてヤングリーダーとディスカッションする、こういった機会も得ることができました。
私たちはこの働き方改革のなかで気づいたことがたくさんあります。例えば、こちらです。キャバクラ嬢として働くワーキングマザー。
キャバクラ嬢として働くワーキングマザーは本当に大変なんです。働きながら子育てをする。本当に大変です。でもこれがわからない人が多過ぎる。なぜこんなに知らないんだ、と。私も知らなかったのであまり偉そうには言えないんですけれど。
これはもっと発信しないといけないということで、六本木のキャバクラ店の愛崎りなさんを起用しまして『大丈夫』というタイトルで、3分の動画を作りました。これをちょうど2年前のこのイベントで発表しましてインターネットで公開したところ、大きな反響を得ました。
政治家や芸能界の人たちも巻き込んで大きな議論が起きました。動画の再生回数もまだ伸びておりまして、160万回を超えるところまで来ています。