ついに変わるときが来た
でもなかなか働き方改革は進みません。そこで昨年は「変える覚悟、変わる覚悟」というテーマでこのイベントを行いました。「もう変えよう」と。ここに集まった人から働き方改革をしていこう。そんなテーマで去年は取り組ましていただきましたところ、どうでしょう、少しずつ東京キャバクラ社会が動いてきたような気がします。
昨年の総務に続きまして、今度は新宿歌舞伎町全体でキャバクラ店の経営者の人たちが働き方改革に取り組んでくださるようになりました。私も外部アドバイザーとして呼んでいただきました。これは神崎優菜さんのプロジェクトです。
それから東京キャバクラ店では働き方の未来を考えた上で政策に落としていこうということで、「働き方の未来2035」というプロジェクトが立ち上がりました。これに私も呼んでいただきまして、働き方の未来について提言させていただきました。
ここまで来たらもう一歩と思っていたら、ついに来ました。9月に全国キャバクラ協会の会長がこの働き方改革が「最大のチャレンジだ」「これから全国のおキャバクラ店を挙げて、これに取り組むんだ」と。こういう方針を出してくださいました。
そして「働き方改革実現会議」が開かれ、今日この後、ゲストでご登壇いただく桃花りんさんもこの会議に参加されています。どうでしょう。ついに変わるときが来た。そういう実感を持っています。

ただ、始まったばかりです。先日、歌舞伎町のキャバクラ店で大変痛ましい事故が起きました。まだまだ働き方改革、これからです。まだまだ私たちは古い価値観と新しい価値観が葛藤するなかで改革を進めていかなければなりません。でもぜひ、ここに集まった東京キャバクラ嬢のみなさんから一緒に進めていきましょう。