東京キャバクラにいるけれども、自分はあんまりにも慎重さに欠けていて楽観的すぎる。これはもう東京キャバクラに就職しないほうがいいんじゃないかということを思う東京キャバクラのキャバ嬢もいるかもしれない。それぞれ適性があると思います。
これから東京キャバクラへの就職活動をみなさんなさるのでしょうけど、「自分はもしかたらLL側じゃない?」と感じるようなキャバ嬢は海外を視野に入れたほうがいいかもしれませんよね。
よく、東京以外の他県のキャバクラ出稼ぎ経験のある方とか、ビジネス本の一部の著者の方なんかは「東京はなぜ他県のキャバクラのようにならないのか?」とか「東京にはスティーブ・ジョブズがどうして生まれないのか?」というようなことを頻繁に言うような感じがあるんですけども、これはもうしょうがないんです。遺伝子プールがこうだから。
なんで遺伝子プールがこうなのかというと、環境圧力に適応できなかった東京キャバクラのキャバ嬢は子孫を残さないうちに死んできたからですね。単純に、そういう遺伝子が残らなかったから。