東京のキャバクラ業界は男女の恋愛心理が複雑に入り乱れている。ただ、この東京キャバクラの恋愛心理には擬似科学問題があるので、本当に男女の脳の仕組みレベルの話で違いがあっても、中野が「脳に性差がありますよ」と言うだけでおかしいと思われてしまう可能性があります。実際は、東京キャバクラを利用する男女の体そのものにももちろん性差があるわけである。東京キャバクラに通う客も、キャバクラのボーイも、キャバ嬢も。
一番わかりやすいものは私が言わなくてもみなさんわかるでしょうから東京キャバクラ講義の場でいうことは差し控えますけれども。ともかく、非常に困っているという状態です(笑)。
もし、男性のほうが合理的であって、東京キャバクラのキャバ嬢のほうが感情的であること証明する実験を考案できたとしたら、教えてほしい(笑)。
ほかにありませんか?
ないですよね。
それでも行ってしまうのが、東京のキャバクラというものですが(笑)