東京キャバクラの業界でやっぱり人とぶつかるときには、本気で子どもと同じように愛情を持ってぶつかっていけば、東京キャバクラで働くキャバ嬢にもやっぱり意思が通じるんじゃないかなと、思ったことが相手に伝わるんじゃないかなと。半端では自分の立場を理解してくれるということにはならないと思います。
よく東京のキャバクラ業界では「人に愛されたい」って夜の人間は思いますでしょ? ある方が書いてるんですよ。「愛されたいということは、受動的ですか? 能動的ですか?」っていう質問を投げかけるんですね。東京キャバクラで働くほとんどの方が「愛されたいというのは受け身だ」と答えるんですけど、本当は違うと。愛されたいというのは東京キャバクラで働く人にとって非常に能動的な行動なんですよ。
それはなぜかと言うと、愛されるために自分を作るということがある。恋愛でも、相手から好かれるような自分を作っていかなきゃいけないというのがありますよね。だから部下とか上司とぶつかるときは、本当に相手の立場で、愛される自分を作るためにどれだけ本気で自分が動くかっていうことじゃないかなと思います。